飼い方

ハリネズミの温度・湿度管理方法【冬の寒さ・夏の暑さ対策も】

ハリネズミ 温度 湿度

近年、CMなどで注目を集めているハリネズミ。

愛くるしい顔が癒されますよね。

そのため、グッズやペットとしても人気があり、飼う人が増えてきています。

しかし、ハリネズミの情報はまだまだ少ないのが現状。

ハリネズミにとって温度・湿度管理が重要なことをご存じですか?

ハリネズミは温度変化にとても敏感な動物です。

この記事では、ハリネズミにとっての理想の温度・湿度や寒さ・暑さ対策についてまとめていますので、是非参考にしてください。

ハリネズミにとって理想の温度・湿度は?

ハリネズミにとっての理想の温度・湿度は、

  • 温度 24℃~27℃
  • 湿度 40~60%

といわれています。

ハリネズミは20℃以下になると冬眠、30℃以上になると夏眠をする動物です。

しかし、飼育下では命を落とす危険性があります。

冬眠や夏眠をしないためにも、温度・湿度管理方法が大切になります。

ハリネズミの温度・湿度の管理方法

冬眠や夏眠をしないように温度・湿度管理が大切というお話をしましたが、それに欠かせないのが「温湿度計」です。

おすすめの温湿度計や置く場所などを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

温湿度計はケージの中に

部屋とケージ内の温度・湿度は異なるので温湿度計はケージの中に置きましょう。

実際に我が家でも、部屋の気温は快適なのにケージ内の暖房がききすぎていて、ハリネズミがハウスから出てくるということがありました。

小まめにチェックしてあげてくださいね。

温湿度計はデジタルがおすすめ

デジタルの場合、数字が表示されているのでわかりやすいです。

またマグネットタイプであればケージに貼り付けることができます。

動きが激しいハリネズミの場合は危険なので置くタイプが良いです。

ハリネズミの冬の寒さ対策

冬は特に温度管理が重要となります。

寒さ対策としては、

  • 下から暖めるヒーター
  • ケージ全体を暖めるヒーター

などがあるので1つずつ紹介していきますね。

下から暖めるヒーター

床を暖めるのに使います。

大きさは色々あるのでケージのサイズに合ったものを使用してください。

しかし、やけどの危険性もあるので直接ひくのはやめましょう。

床暖を下に入れられるハウスなども売っているので試してみてください。

ケージ内全体を暖めるヒーター

ケージ内全体を暖める場合は、爬虫類用の暖突がおすすめです。

ケージの上に設置することができるので全体を暖めるのに適しています。

暖突と一緒に使いたいのが「サーモスタット」です。

サーモスタットは設定温度以上になると自動で暖突の電源を切ってくれる便利なアイテムです。

他にも我が家ではハウスをフリース生地で作ったものに変えたりして対策をしています。

ハリネズミの夏の暑さ対策

夏は温度・湿度両方を気にする必要があります。

暑さ対策としては、

  • クーラーを1日中つける
  • ひんやりシート
  • 除湿機

などがあります。

クーラーをつける

夏の暑さ対策はクーラーが一番です。

湿度も高くなるので「ドライモード」がおすすめです。

エアコンの風はよくないので、直接あたらない様にケージを置いてください。

暑さ対策の基本はクーラーをつけることです。

ハリネズミを飼う部屋のクーラーは基本的に1日中つけたままにしてあげてくださいね。

ひんやりシート

うさぎ用のひんやりシートをケージの一部に置いてあげると、暑いときに寝転んだりします。

除湿機

夏は湿度が上がりやすいので、60%を超すようなら除湿機をかけてあげましょう。

対策グッズを使って快適な環境づくりを

まとめ
  • ハリネズミにとっての理想温度は24℃~27℃、湿度は40%~60%
  • 温湿度計はケージの中に
  • 寒さ対策には「下からのヒーター」と「全体を暖めるヒーター」
  • 夏はクーラーを1日中つけたままに
  • 湿度が高いときは除湿機を使おう

ハリネズミにとって温度・湿度管理は命に関わるとても重要なことです。

温湿度計を細めにチェックし、対策グッズを使ってハリネズミにとって快適な場所を作ってあげましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です